不感症ならラブグラで解決

女性用のバイアグラで知られているラブグラが不感症に効果があるという話題を聞かれたことがあるでしょうか。これは女性用バイアグラであるウーメラのジェネリック医薬品にあたる薬です。実際にお薬を服用することで、性器周辺の血流を大幅に改善されることが効能としてあげられています。今ネットの公式サイトでは、実際に性的な興奮障害が治まり不感症も改善したという報告が多くされていることからおすすめできるお薬と言えるでしょう。しかし、どのお薬にも副作用はあるものです。その代表的な症状には、頭痛の他、体の火照り、鼻のつまり、動悸や胃の不快感、眩暈などがあげられています。併用して服用することが禁忌となっている薬にはシンデナフィルがあり、組み合わせとしては避けた方が良いと言われています。また不整脈などで知られているニトログリセリンなどの硝酸剤との併用も禁忌とされているようです。その他には、日常生活で多用するアルコールやカフェインなどとの相性も良くないことが報告されています。実際にアルコールはラブグラの血中効果の持続時間を減少させる傾向がありますし、カフェインは逆に血中濃度の増強と関係があることが報告されていますので注意してください。不感症の改善というメリットも報告されていますが、使い方を間違ったり、禁忌とされるものとの組み合わせで逆効果となることもあります。長期の保管を考える場合、直射日光の当たらない涼しい場所をおすすめします。また一日の服用の上限は100mgと決められていることや、次の服用との間隔が24時間あけないといけないことなど最低限守らないといけない事項があります。効果が薄いからといって多用しないように注意してください。ラブグラはきめられた事項を守ることで不感症の改善に効果のでるお薬です。

ラブグラはバイアグラと同じ成分が入っている

ラブグラは女性用バイアグラと呼ばれるように、主成分は同じシルデナフィルを配合しています。男性の勃起不全を改善するために開発されたシルデナフィルは、血管を拡張する作用を持っていて、男性器の周囲や海綿体へと流れる血液の量を増進させることで勃起を促すようになっています。ラブグラも同じように、女性器の周囲の血行を良くすることで、膣分泌液の量を増やし、不感症を改善させるものとされます。女性は更年期障害でホルモンバランスを崩したり、体調やその日の気分によって膣分泌液の量が増減するようになっています。男性ならその日の調子で勃起できるかどうかといった状態に近く、いくら性的な刺激を受けても膣内が十分に潤わないのが女性の特徴で、性行為の際に性交痛を感じたり、十分な興奮が得られないことで絶頂できないといった不感症に陥りやすくなります。ラブグラは成分のシルデナフィルが女性器周囲の血行を良くすることで、感度が向上したり膣分泌液の量が増加することで肉体的な性的満足度を高めると言われています。口コミを見ると、気分が乗らないときでも使用するとパートナーを満足させることができたなどの話を見ることができますが、実はバイアグラの製造元は女性が使用した場合の確認はされておらず、効果は認められていません。実際にどのくらい効果があるかは使用してみなければ分からないというのが本当のところですが、口コミでも評判が良いので、不感症が改善されるというのもあながち間違いではないのでしょう。注意点として、この医薬品は媚薬といった類ではなく、性交痛を軽減させたり、不感症を解消させるというものです。性欲を増進させたり、興奮を強めるといったものはないので、使用目的を間違えないようにしましょう。

ラブグラはどこで購入できるのか?

ラブグラは女性の不感症を改善するために開発された医薬品で、女性器周辺の血行を良くすることで膣内の潤いを高め、挿入時の痛みを軽減させると同時に、感度を向上させて性行為の満足感を高める目的で使用します。男性のED治療薬として有名なバイアグラと同じ成分を使用していることから、女性用バイアグラと言われていますが、精力増進剤とは効果や目的が異なります。女性の性に関する医薬品は媚薬類が非常に多いことからラブグラも同じように捉えられがちですが、不感症を解消するために使用されるので、この点だけは間違えないようにしましょう。ラブグラは日本では未認可となっているので、近所のドラッグストアやスーパーなどでは販売されておらず、国内のネット通販や病院の処方でも入手することはできません。ラブグラの製造および販売は、インド国内に拠点を持つ製薬会社で、日本には流通ルートを持っていないため、購入方法は個人輸入のみとなります。個人輸入は海外からの医薬品を取り寄せる方法で、たとえ医療用医薬品であっても処方箋は必要なく、自己責任において購入が可能です。個人輸入は厚生労働省からも認められているので、条件さえ守れば薬事法に抵触することなく入手することができます。購入方法は個人輸入代行サイトを利用して、自宅に送ってもらうのが一般的で、本来なら税関に関わる手配も必要ですが、代行サイトなら購入から配送の手配までしてくれるので、国内のネット通販と同じように利用することができます。ラブグラの相場は1箱4錠入りで1,000円前後、利用するサイトによって送料がかかるなどありますが、安価で購入することができます。1錠あたり100mgのシルデナフィルが配合されていますが、一般的な成人には多すぎるので、通常は半分または4分の1に割ってから使用します。

■互いに気持ちの良い性行為のためにラブグラを試してみませんか
ラブグラは本当に効果があります
■不感症を改善できるのはラブグラだけではございません
フォルカンで不感症改善